HOME | 導入メリット

ParaCanvas導入メリット

メリット1

個性豊かで癒やされるアートが毎月楽しめる(年間120タイトル配信)

障がい者アートは注目度抜群です。
障がい者アートの特徴の一つに「ユニーク」であることが挙げられます。
アール・ブリュット(生の芸術)という呼ばれ方もする障がい者アート。障がい者アートのユニークさは、風景画像と違って見る人が解釈する楽しみがあります。

犬なのか?
カンガルーなのか?
前に進んでいるのか?
寝っ転がっているのか?

太陽なのか?
花火なのか?
夜空なのか?
夢なのか?

見る人の解釈によって、見え方が変わるのも障がい者アートの特徴です。
ParaCanvasでは年間120点もの障がい者アートが配信されます。
毎月10作品 12ヶ月(1年)、1作品30秒ごとに切り替わっていきます。
簡単に設置できるパラキャンバスなら、お客様や取引先様がいらっしゃる毎に違ったアートを楽しんでいただけます。

メリット2

分かりやすい「見えるSDGs」が簡単に取り組めます。

SDGsは難しい?手間がかかる?
SDGsは多岐にわたり、なかなか理解が難しいですよね。
取り組みたいけど、どうすれば良いのか分かりづらいですよね。
そして、手間もかかって日々の仕事の中、後回しになってしまうものです。
2021年の大手広告代理店の調査では、生活者のSDGs認知率は54.2%で、ほぼ倍増。
10代のSDGs認知率は7割超えでした。
今後さらに重要になっていくと思います。
でも、SDGsの取組みってわかりにくくて説明的になってしまい、なかなか伝えるのが難しいですよね。
 
パラキャンバスは「見えるSDGs」で簡単なんです!
デジタルキャンバスをイーゼルに置いて電源を入れれば障がい者アートスタート。
これで解決です。
 
SDGsは取り組んで終わりではありません。
せっかく取り組んだのですからちゃんと伝えることが大切です。
企業の良心をお客様に伝えることは非常に重要になってきています。
ブラック企業が叩かれたり、エシカル消費が支持されるなど、お客様の目は確実に見ています。
パラキャンバスは「見えるSDGs」で理解させなくても感情的に伝わります。
ブランディングに活用いただくことで投資以上のリターンを生み出してください。

メリット3

継続的に社会貢献・慈善活動が行える

パラキャンバスは障がい者への支援ではありません。
ビジネスとして経済循環の中に障がいを持たれる方の活躍の場を作る取組みです。
アートで障がい者の就労を実現し、最終的には自立を目指す、まさにSDGsです。
 
障がい者支援といいますと、寄付やボランティアを想像しますよね。
もちろんその活動は素晴らしく様々な障害を持たれる方を勇気づけ助けてきました。
ただ、それを継続的に行うのは難しいです。継続していくには、生産性があり価値を生み出せる仕組み・経済循環が重要です。
 
絵画が売れて短期的に収入が入るのでは無く、パラキャンバスは月額のご利用料をいただくことで版権利用料として継続的に障がい者アーティストに還元していくことができます。
しかも創作活動応援費という障がい者アート協会独自の仕組みにより、SDGsの理念でもある「誰ひとり取り残さない」活動が可能です。
 
版権の利用料は1作品あたりの買い切りでは無く、配信機器1台あたりの単価×台数になります。
1台では僅かな金額ですが、10台、100台、1000台と増えていけばアートを作ることで自立した生活が送れる様になるのも夢ではなくなります。
 
『障がい者に生きがいを』
現在、障がい者アート協会には840名(2022年2月現在)の障がい者アーティストが参加していて日々参加者は増えています。
障がい者アート協会が運営する「アートの輪」に毎日何作品もアートが更新され続けており、現在24,000点以上の作品がストックされ、どんどん増えています。
この「アートの輪」に参加することにより、自分の作品で収入を得るという生きがいと、自立した生活も目指せる。それがParaCanvasの目指す未来です。

メリット4

社会貢献・慈善活動・SDGsへの取り組みの告知が配信されるので、さりげなく社内外に発信する事ができる

ParaCanvasSDGsに取り組んでいることを告知する画面がさりげなく配信されます。
 
SDGsは取り組んで終わりではありません。
せっかく取り組んだのですからちゃんと伝えることが大切です。
ある調査では、企業によるSDGsへの取り組みを認識した約7割の人が能動的なアクションを起こしたと答えています。
ちゃんと伝えてしっかりブランディングすることが重要です。
 
さり気なく存在し、社内のスタッフ、取引先企業様、そして会社を訪れる就活生にさりげなくのアピールがベストです。
 
ユニークで癒やされるアートは人目を引きますので、それでも効果が出ます。
「このアートって障がい者が書いたの?」みたいな気づきが一番印象に残るはずです。
置いているだけで、取り組みを伝えられるサービスはパラキャンバスだけです。

ParaCanvas 告知イメージ

ParaCanvas 告知イメージ

メリット5

社会貢献・慈善活動・SDGsへの取り組みをHPやSNSなどで配信できる

パラキャンバスを導入したことや、実際に設置した写真などはSNSHPで自由に使ってください。
配信された作品を写真に撮っての投稿などは自由に行えます!
SDGsは若い世代の方が感度が高く、実に認知度は7割を超えています。
インスタやツイッターなどで若い世代へ向け発信しましょう。
 

メリット6

ブランドイメージを高めることができ、企業やお店のファンを増やすことができる

企業の良心を伝えましょう
ここで今更ブランディング論を語る必要はないでしょう。専門家でもないですし。
でも、簡単な話をさせてください。
ブランディングなんて大手企業さんの話だと思っている方、多くないですかね?
うちはBtoBだから関係ないって思ってないですかね?
高級品じゃないからブランドと言われても・・・なんて思ってないですか?
企業のブランディングを簡単に言うと「企業の立ち位置を明確にして、ファンを増やす」ことだと思っています。
うちの会社いいことしてますって伝えることは立派なブランディングです。
ちゃんと企業の良心を伝えることって重要なんです。
ちゃんと未来を見ていますって伝えることは重要です。
 
まずは身近な取引先からブランディング
会社に来ていただいたお客様やサプライヤー様などに、SDGsに取り組んでいることをしっかりと伝えてください。
わざわざ話さなくて良いんです。パラキャンバスを飾ってください。
ユニークな障がい者アートは必ず人目を引きます。告知はさりげなく流れます。
お客様が障がい者のアートだったんだって気づいたとき「いいことしてますね」って言われると思います。話題にもなります。
この繰り返しが大切なんです。
大手企業や国・自治体は確実にSDGsの取組みを加速させていきます。
今後取り組んでいない企業はサプライチェーンから外されてしまうリスクもあります。
自治体などとの取引があるところは必須でしょう。
そして消費者の目も厳しくなっていくはずです。

メリット7

リクルート面で有利になり、より良い人材を集めることができる

就活生は何を重要視しているか?
これからの少子化時代には若い優秀な働き手の確保は重要なことは今更言うことまでもありません。
最新の就活生への企業選びのリサーチでは、30%もの就活生が企業選びの基準の1位にあげているのが「社会貢献度の高さ」です。
しかも、2019年卒、2020年卒、2021年卒と3年連続で、この「社会貢献度の高さ」を企業選びの基準の1位にあげていることから、一過性の流行りではないことが伺えます。
最も重要と思いこんでいた「給与面の待遇」は2位どころか3~4位と重要度が下がっているのです。
 
若い方が就職先を選ぶときに、その企業の実績や規模の大きさではなくエシカルを重要視するようになってきています。
「エシカル」(ethical)とは、「倫理的な」という意味を持つ形容詞です。
「倫理」と聞くと少々難解な印象があるかもしれませんが、こう言い換えてみたらどうでしょうか。
エシカルとは、「法律で決まっているわけではないけれど、良識的に考えるとこうだよね?」と多くの人が考える「企業の良心」のことです。
ParaCanvasは見ることのできる良心です。
 
ブランディングは外向きの物だけではありません
インナーブランディング 社内へ向けたブランディングも重要です。
リクルート対策だけではなく日々働いている社員の方々への効果もあります。
帰属意識が強くなり、離職率が減ります。簡単に言うと愛社心が強くなると言うことです。
誰だって、社会的によい会社の方が誇りを持てますもんね。

HOME | 導入メリット